人気ブログランキング |

主催事業「シーカヤック体験」報告


先週の14日(土)に「シーカヤック体験」が行われ、
6人の渋川マリンズが事業を支えてくれました。

今回は、昨年度からの継続者もいましたが、今年度の主催事業は全員初参加でした。

午前・午後と参加者の入れ替わりもあったため、午前の部では戸惑っている部分も見られましたが、
午後の部にしっかりと生かしていろいろな場面で活躍していました。

また、少ない指示の中、それぞれが考えて工夫して動けていたり、
他のマリンズの動きを参考にしたりできていたように思います。

そういう部分にいつも感心しています。


f0232663_18433533.jpg

参加者受付

f0232663_18433624.jpg

開会行事



f0232663_18433645.jpg

海上での声かけ


f0232663_18433625.jpg

飲物の運搬


f0232663_18433614.jpg

参加者とカヤックの運搬


参加者のアンケートにも、「ボランティアのお姉さんが遊んでくださってありがたかったです」

という声もありました。

陸に残っていた時に、参加者の付き添いの子どもたちと遊んだのかな?

海に出られない時間も長かったですが、そういった関わりもこうして参加者は見てくれていますので、
今後も楽しく活動していきましょう。

次回の活動は10月4日(金)のマリンズミーティングです。





by shibukawa-marines | 2019-09-17 19:11 | 報告

主催事業「われら瀬戸内探険隊」報告




8月7日(水)~8月10日(土)の4日間で「われら瀬戸内探険隊」が行われました。
渋川マリンズ2019としては、はじめての主催事業となりました。

4日間で13名が事業を支えてくれました。
授業終わりから合流した人もいて、ハードスケジュールにも関わらず感謝してます。
事業への参加者は、昨年度同様に小5~中3の子どもたちが40人です。
5班に分かれ、子どもたちと一緒に活動しました。

常に子どもに気を配り、目を配りながら、暑さや疲労と戦いながらだったでしょうが、
参加者の思い出となる事業になったのは、マリンズの皆さんがいたからです。

ありがとうございました。



少し振り返っていきます。


開会時のマリンズは5人でした。

各班1人ずつで心細い部分もあったでしょうが、
全員が自分を頼ってくるという、初日ですし、信頼関係を築くという部分では良かったのではないでしょうか。
しかし、重要な初日の関係づくりという意味では、プレッシャーもあったかと思います。

受付から始まり、


f0232663_21352227.jpg
開会行事

f0232663_21355629.jpg

東の浜に移動して昼食
弁当配付など職員サイドの手伝いを進んで行ってくれていて関心しました。



f0232663_21364403.jpg


海水浴や班対抗でレクリエーションをしました。



f0232663_21374674.jpg


f0232663_21375059.jpg



f0232663_21375396.jpg



まだ班の関係が出来ていない中、しっかり声かけをしてくれていました。
だんだんと班の子どもたちも慣れてきた様子でした。



初日の班ミーティングは会ったばかりもあり、意見がなかなかまとまらなかったようです。
それが最終的には、各班あそこまでのものを準備するとは想像もつきませんでした。












夕食のバーベキューでも、手持ち無沙汰な子どもが出ないよう、
上手に役割分担させていました。手伝うだけでなく促しがたくさん見られました。
泣いちゃった子がいた班もありましたね。

f0232663_22185591.jpg


f0232663_20453218.jpg



子どもたちが新聞を作っている間に、キャンプファイヤーのオープニングのダンスを練習したり、
ミーティング後に学園天国の練習をしたり、かなり積極的な2019メンバーでした。
来年のキャンプファイヤーは、もっと出番つくりましょう。


2日目は1日中、屋外でした。

f0232663_23005668.jpg


事前研修会で行った象岩の前で写真も撮りました。
この時はマリンズがまだ6人です。


f0232663_20492305.jpg
夕方からは一気に6人増え、夜からもう1人増えました。
夕食がものすごくにぎやかに感じたのは、私だけではないはずです。

f0232663_20493128.jpg


f0232663_20493424.jpg


3日目はウォーターパークに行きました。

f0232663_21041108.jpg
マリンズの皆さんもしっかりハッスルしていました。


f0232663_23011902.jpg



f0232663_23013679.jpg


f0232663_20570669.jpg



f0232663_20492697.jpg



帰ってきてみんなで作ったカレー美味しかったでしょうね。
子どもたちに上手に作らせることができました。

f0232663_21121884.jpg
バナナボートにも乗り、
海水浴や釣りなど、
班の子どもたちの意見をまとめるのは大変だったことでしょう。



f0232663_23021934.jpg



f0232663_23021620.jpg




キャンプファイヤーは「学園天国」が一番盛り上がりましたね。


f0232663_21205760.jpg


f0232663_21205708.jpg


f0232663_21205755.jpg


f0232663_21205716.jpg



あっという間の4日間でした。
子どもたちのアンケートを見ていると、圧倒的に

「やさしかった」

という声が多かったです。

「頼りになった」
「あたたかい」

なども書かれていました。

厳しい意見としては、

「ふつう」

という記入もありました。


普段とは違う環境の中でも、きょうだいのように接してくれるマリンズがいたことで、
子どもたちも安心して過ごすことできたのではないでしょうか。

経験あるメンバーに加え、新たなメンバーが加わり、とても心強い令和元年度のわれ瀬戸でした。
初日・二日目は、人数が少ないため、負担も大きく心配でしたが、全員で完走できました。
今回だけに留まらず、自身の生活やマリンズとしての次の活動につなげていきましょう。

参加した皆さん、お疲れさまでした。





by shibukawa-marines | 2019-08-12 21:29 | 報告

渋川マリンズ2019「われら瀬戸内探険隊事前宿泊研修会」報告

渋川マリンズ2019「われら瀬戸内探険隊事前宿泊研修会」が終了しましたので、報告です。

渋川マリンズの活動としては、今年度3回目を迎えました。
初めての人、昨年度ぶりの人あわせて15名が参加しました。
2日間ともに良い天候に恵まれ、有意義な研修会となりました。
参加した皆さん、お疲れさまでした。


研修①は、研修室での座学でした。
「われら瀬戸内探険隊」の概要説明を聞きました。

昨年度の写真などを見ながら、イメージを膨らませているようでした。

f0232663_13165056.jpg

その後、冨山所長から「子どもへの関わり方」について講義を受けました。
8月の本番へ向けて、子どもの成長を促す関わり方を学習しました。

できそうなことは、行動に移し、試行錯誤していきましょう。

f0232663_13195877.jpg
合間にレクリエーションをはさむことができ、かなり雰囲気も和やかになったところで、
研修②では活動場所の下見へ行きました。

f0232663_13210766.jpg


f0232663_13211630.jpg

正面の海岸ではなく、東端のさらに東側にある浜へ行き、ごみ拾いなども行いました。

海の深さや砂浜、岩場などを歩きながら、子どもたちの目線に立ってマリンズとして
気を付けておく部分が見えたようです。

少し海にも入ったのかな?

f0232663_13271171.jpg
青年の家に帰ってきて、カレーを作りました。
途中、夕立がきましたが、大人だったため、迅速な対応がとれました。
「しかし、子どもの場合はどうだったろう」
という問いを持つことができました。

美味しいカレーができました。

夜の研修③では、「マリンズとしての役割」「キャンプファイヤーの出し物」「夜の活動」などについて
話合いました。

「自分の意見を持つこと」
「他人の意見を聞くこと」

など、出会ったばかりのメンバーが多い中、濃い話合いができたのではないでしょうか。

f0232663_13333985.jpg


f0232663_13333903.jpg


f0232663_13333905.jpg


2日目は、起床後の研修④でカートンドッグを作り、食べました。

食後の研修⑤は、六口島へ研修丸で向かいました。

片道約35分、みなさん大爆睡でした。

f0232663_13365739.jpg


f0232663_13365778.jpg





海岸を散策しながら、範囲内でできる活動をイメージしてみたり、危険個所等を確認して見たりすることができました。



f0232663_13365765.jpg


f0232663_13365712.jpg

象岩に驚いていました。

青年の家に帰って、最後に意見交換をしました。
マリンズとして意識していくべきポイントなど、
全員で共有することができたようです。

何人かの感想にもありましたが、
2日間を通して、「他の人の考えや意見」から学ぶことが多かったようです。
おそらく私たちが関わっていないところでもそれぞれに情報交換をしたのだろうと思います。

刺激を与えあえることができるのは、よいことですね。

また、子どもの目線というのも各々が意識をすることができたようです。
経験者だから気付ける部分もあづだろうし、
初めてだから気付ける部分もあるだろうし、
本番に参加できない人の思いも引き継ぎ、本番だけ参加する人とも共有しながら、
マリンズとしてみんなで良い事業をつくりましょう。
今後の活動や自分自身の生活に生かしていきましょう。






by shibukawa-marines | 2019-07-08 11:41 | 報告

渋川マリンズ2019「マリンズ総会」報告

渋川マリンズ2019~総会~が終了しましたので、報告です。

現時点では、37人の申込があり、早退、遅参がありましたが、総会では計10人が参加しました。

研修①では、「渋川マリンズについて」ボランティアをするということ。
また、渋川マリンズとして活動する上でという視点から担当者から話をしました。
ただし、知識も大切ですが、実際に行動し、体験することが大切ですので、今後の活動の中で各々トライ&エラーで取り組んでほしいと思います。

研修②は、「レクリエーションpart1」主に、メンバー間、また、渋川職員との壁を少しでも下げていこう狙いで、
前半はアイスブレイクを中心に行い、後半は館内をより知るために、研修①の後に行った館内見学を生かし、
3チームに分かれて、館内巡りのゲームを行いました。
次第に、マリンズから笑顔が見られ安心しました。


f0232663_12542344.jpg

f0232663_12531991.jpg

f0232663_12545268.jpg


f0232663_12545547.jpg

その後は職員とマリンズ混ざってバーベキューをしました。
各グループごとに大学のことなど会話をしながら、美味しくたいらげました。
「われら瀬戸内探険隊」でバーベキューを予定していますので、
子どもたちに対して、上手に指示を出しながら、段取りや片付けの促しをしていただきたいと思います。


f0232663_12532059.jpg

夜は、研修④⑤で今年度のスローガンを決めるための話し合い活動をしました。
将来の夢、渋川マリンズへの参加動機などは違いますが、
渋川マリンズでの活動は、全員が同じ方向へ向いていくことが大切ですので、
数年前から行っています。

『一心不乱』
…目の前のことに全力で臨む
『日進月歩』『千里の道も一歩から』
…できることからコツコツと

など、意見を交わしながら、最終的に、



f0232663_12532048.jpg

f0232663_12532096.jpg
『Aim high』
(高い目標、高い志という意味らしいです。)

に決定しました。

目指すところは高いところですが、目の前のことに全力で臨み、コツコツと経験や知識を積み重ねていきましょう。

とても良いスローガンだと思います。

日没の関係もあり、途中で気分転換に「ウミホタル観察」のため海岸に出ました。
瀬戸大橋のライトアップを眺めながら、大量ではありませんでしたが、
捕まえることができました。ウミホタルを見たり、触れたりすることができました。
新規のメンバーは、初めて見たようで、実際に触ったり、光らせたりして
夜の渋川海岸を楽しんでいました。



さて、2日目ですが、
研修⑤では「レクリエーションpart2」渋川青年の家のアクティビティに触れるため、
シーカヤック漕艇をしました。
体力面、体調面は個人差がありますので、休む勇気も大切だということを知れたのではないでしょうか。
東の方へ漕いでいき、海を通ってしか行くことのできない、通称「東の浜」へ上陸しました。

f0232663_12532076.jpg
f0232663_12532046.jpg

f0232663_12570197.jpg

f0232663_12562106.jpg

f0232663_12562185.jpg




研修⑥では、「振り返り活動」ということで、良かった点と改善できる点を発表してもらいました。
「しっかりメンバーとコミュニケーションがとれた」
「周りのメンバーが一員として受け入れてくれて、良い雰囲気で安心して活動できた」
「集合など、もっと子どもたちのお手本になれる行動をとらなければ」
「もっと周囲に目を配り、進んで行動できるようにしたい」

f0232663_12573032.jpg

今回は、参加者としての事業でしたが、次回からは、参加者をもてなす立場となります。
思ったことを、近くのメンバーに声をかけながら、行動に移してほしいと思います。
実際に参加者との関わりの中で試行錯誤していきましょう。

参加したみなさん、お疲れさまでした。




by shibukawa-marines | 2019-05-26 12:58 | 報告